なびく夏

Danae
0
0

歌詞

作詞:きたざきふうあ

作曲:きたざきふうあ

夕方5時のチャイムが鳴るとき 僕の声を知らない君が笑っていた 弾けるサイダー 光の反射を 捕まえてプールサイド放つ魔法のよう きらめいて 踊り場で長い髪の毛を なびかせて笑っていたよね 夏の日のグラウンドの上 追いかけた 白球のように 汚れを知らずに 湿った空気 低気圧と頭痛が 夏はまだ眠りの中 僕はうなされた 心は銀色 だれにも 見えない 夢ではないけど君を見つけた 踊り場で長い髪の毛を なびかせて笑っていたよね 夏の日のグラウンドの上 追いかけた 後ろ姿を 探して 探してる

アーティスト情報

Danae ダナエ スリーピースバンド 神奈川県川崎市出身 19歳 1st.EP「きらきらひかる」各配信ストアで配信中

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or