火薬の匂い

Danae
0
0

楽曲解説

2019.12.26 発売 Danae 1st.single 「ふくろう」収録曲。

歌詞

作詞:きたざきふうあ

作曲:きたざきふうあ

火薬の匂い 君の手を握った僕の右手が 真っ黒い灰に染まった 綻びた暮らしを焼べるように 燃やして 眺めた 君の過去を欲しくなったとき 僕の過去が疎ましくなった 火薬の匂いにゆられて、ゆられて 鏡に映った僕じゃない僕が牙を剥いた 遠くで祭りの笛の音が聞こえる 線香花火、火をつけたら夏の終わりの始まり ひとりぼっちだったような夜が 今日は君がいるって思える 火薬の匂いにゆられて、ゆられて 煙が消えたらさよなら、さよなら 最後の灯りが消えて 風の音だけが響く夏夜に 閉じ込められたかったのに 君は 火薬の匂いにゆられて、ゆられて 煙が消えたらさよなら、

アーティスト情報

Danae ダナエ スリーピースバンド 神奈川県川崎市出身 19歳 1st.EP「きらきらひかる」各配信ストアで配信中

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or