歌詞

作詞:森田 涼雅

作曲:森田 涼雅

足跡ひとつない真白い道を ふたり歩く帰り道 意味もなく拗ねている僕の手を 静かに握ってくれた 足りない何かを埋めるために ただ求め続けては わがまま自己中それなのにさ 手を離したのは僕のほうだった もし僕等出会い方が違ったら 別れ方も違ったの 別れる前提なんて情けないけど それでも僕等ふたり歩いた道は 確かにそこにあったよ 季節巡るたび思い出す 何度も 悪いのは全部僕のほうなのにさ あなたは優しく受け入れてくれて そのうえ「会いたかった」なんて言われたら 甘えてしまうよな わかっていたもうやり直せない 都合の良い時だけ欲しがって ただしがみついてるだけだった 最後に「もう会わない」って言われて もうわがまま言わないから もう少しだけ一緒にいてなんてさ それが一番のわがままだったね それでも僕はばかだからずっと 好きでいてくれてると思ってたよ でももう変わったよあの頃とはちがうよ だから会えないかな 言えないけど あなたがくれた言葉、想い全部 ずっと忘れないでいいよね 引きずるどころか大切に持ってるよ ふたりでいた季節、雪降る冷たい夜 締め付けるのは寒さか思い出か 今のことのように思い出す 何度も 忘れないよ

アーティスト情報

恥ずかしがり屋さんな3人組ロックバンド

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or