フィブリン

柿SEED
2
0

歌詞

作詞:伊藤 光

作曲:伊藤 光

12月の空 情けない太陽 口から吐いた言葉が濁る 古い傷口塞いでいた筈の かさぶたはいつからか取れていた 公園のベンチ 飲みかけのコーヒー 口から出まかせで誤魔化した 古い思い出無くさぬように 仕舞っておいたつもりだけれど いつの日か僕らの体の 塞いだつもりになった傷口から いつの間にか悪い菌が 入り込んでいたんだね 尖った言葉の鎧を身につけ 誰も近づけない理由づけ 君がいなくてもなんて言ったけど 結局その手の形を求めてしまうんだ いつからか僕らの命は 独りじゃ駄目なように出来ていて だからこそ僕と君は 出会うべくして出会ったんだね

アーティスト情報

高校2年生 ロックバンド 天沼から愛を込めて

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or