白線

ラランチア
441
0

歌詞

作詞:ラランチア

作曲:向田杏朱

目の前を通り過ぎる匂い 思わず緩んでしまった口元 バレたかなってふり返ってしまって 無駄に遠周りで 帰るよ 最近君はとっても忙しそうで 交わした約束は桜と散ったみたい 空見上げて眩しいふりして目を逸らす あの日とは違う夏の匂い 細心の注意を払って はみ出ないように毎日過ごしてる 言いたいこと 言えないまま またあの電車を 今日も見送った 流れるながれる 君といた夏も 流れるながれる 君がいない月日も 細心の注意を払って 終わりにはみ出ないようにしてたな 言いたいこと 言えないままだけど もうあの電車に乗って帰るよ さよならが怖くて 引き止める手ないこと 信じられないよ僕はさ 忘れたくないよ 流れるながれる 君といた夏が 流れるながれる 君がいない月日も さよなら

アーティスト情報

朋優学院高等学校3年生ガールズバンド

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or