目玉焼き、カフェオレ、透明。(demo ver.)

MAKKURAGE
25
0

歌詞

作詞:首巻

作曲:首巻

光を1つ残らず入れずにいたって 何かは見えてしまうよ 不安や記憶で 掴んだナイフ フォークで世界を 引っ掻いて 割れてる月を見ながら 左を一回転 大きな音する 天井外れる 光がこぼれる 僕は手 おろす 酸素はいらない 先が見えてしまうなら それはきっと透明だ 日常にノイズがいるなら それはきっと透明だ 床の影は揺れる 正常で居続けたいなら それはきっと透明じゃないな 鍵まだ 閉まってる 繋げた点と線 綺麗な円にはなんなくて 覗いた目を映してる液体は飲んで 汚れたナイフ フォークは何かの証で 割れてる月を何度も 戻そうとしてる 大きな音する 上下がなくなる 世界が広がる 君の口を見る 規律は知らない 円に見えてしまうのは それはきっと当然だ 日常にノイズがいるのは それはきっと当然だ 窓の外見えない 正常で居続けたいのは それはきっと当然じゃないな 光は歪んでる 大きな音する (大きな音する) 天井外れる (上下がなくなる) 光がこぼれる (世界が広がる) 規律は (いらない) 大きな音する 機会が生まれる 危害を加える 君の口が開いてる 僕は知らない 先が見えなくなっても それはきっと透明だ 日常にノイズがいるなら それはきっと透明だ 床の影が消える 正常で居続けたいなら それはきっと透明じゃないな 鍵 もう 壊して 日常にノイズがいるのは 日常が透明じゃないから 窓の景色触れる 正常で居続けたいのか? 正常は透明じゃないまま 光は届いてる 日常にノイズは必要 汚れた食器片付けて 先が見えてしまう 透明は今もそこにいる

アーティスト情報

2023年2月 明治大学 東京工業大学のサークル内で結成の4ピースバンド。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or