歌詞

作詞:矢﨑史也

作曲:矢﨑史也

ふと目を閉じて 淡い期待を抱いて 鈍い気付きを悔いて また見失って 今、思い出すのは 存在もしない春です こんな歌を歌う頃には どうにかなっているのか さっきまでいたのか 最初からいなかったのか 惑いながらも僕は 今日明日を繋げるわけで 水をあげていたはずなのに 枯れたあの夜を思い出した 吹かれなくなった秋風に すがりつく夜を思い出した こんな歌で伝わるとは 思っていない 、思っていないよ 嫌な街は 嫌なままだよ さっきまでいたのか 最初からいなかったのか 惑いながらも僕は 今日明日を繋げるわけで 水をあげていたはずなのに 枯れたあの夜を思い出した 吹かれなくなった秋風に すがりつく夜を思い出した  さっきまでいたのか 言えるはずだった感情は 遠くの街へと消えていく 僕の嫌いな街を超えて 知らないところへ飛んでいく ふと目を閉じたら 残っている日々の匂いが 消えていく

アーティスト情報

埼玉北浦和 スリーピースバンド Gt/Vo.矢﨑史也 Ba. クワエコウスケ Dr/Cho.オオエヒデアキ

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or