The Few

新東京
191
0

歌詞

作詞:杉田春音

作曲:田中利幸

犬を上手く飼いならせずに 壊れゆく人を腐るほど見た 胸に焼かれた “The Few” の文字をさらけ出すドレスが好きよ いびつにしか線が引けなくて 置き去りにしたままの点には  いつか夢見た景色がこびりついて取れないわ 足で砂を味わって 頬で潮風を香る どうせすぐに渇きに戻る それも今は忘れさせて ほら、美しいでしょう?はじき者達は今夜 白鳥みたいに舞う ほら、絵に映るでしょう?儚い残り香を辿るのは もうやめたの 立ち込めた靄にふと気付けば体の一部が溶け込んで 目の先の安酒にいつの間にか伸びた両手に 何度も何度も何度も何度も何度も何度も苦しんできたわ 私のことを呼ぶ声はとっくに遠のいてった どうせすぐに夜は更ける それまではまだここに居させて ほら、狂おしいでしょう? 歪なネオンも今日は 不自然な程光る ほら、悲劇みたいでしょう? このステージで舞い続けるって 私、決めたの 私の生き様を響かせるこのヒールが 蹴っ飛ばした道端の石が今夜だけは酷く輝いて見えた ほら美しいでしょう?はじきものたちは今夜… ほら、麗しいでしょう? 飛び立つ白鳥の様な 曲線を描く 「私、寂しいのよ」 胸の “The Few” に靄をかける言葉は もう吐かない

アーティスト情報

ギターレススリーピースバンド

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or