Amayadori

Rainscope
4
0

歌詞

作詞:Seitaro Kokui

作曲:Seitaro Kokui

雨宿りしたら 君の声が聴こえた 揺れる光の中 迷ったあの時 さようなら 春の風が 痛いほど肌を濡らしていく 寒空の影に君を探して 雲の切れ間 また思い出して 傘は差したまま放り出して 君を忘れた 雨宿りしたら 君の声が聴こえた 揺れる光の中 迷ったあの時 外が白んでいくようで 歩道橋から眺めた景色 鈍色に染まった君のことを 次の雨が洗い流して 雲の切れ間 また思い出して 君を忘れた 雨宿りしたら 君の声が聴こえた 揺れる光の中 迷ったあの時 まだ青い君を 赤く染めてみたいの 暮れる痛みの中 混ざったあの時

アーティスト情報

2017年より大阪を活動中の4ピースバンド。チルやハウスなどの海外のダンスミュージックやポップミュージックを取り入れつつ、邦楽ロックというジャンルに落とし込んだ音楽性。あくまでロックバンドフォーマットでダンスミュージックをするということがRainscopeのポリシー。アンダーグラウンドな要素と大衆性のバランスを常に考え提示していく。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or