花瓶

Tele
335
0

歌詞

作詞:谷口喜多朗

作曲:谷口喜多朗

花瓶 作詞:谷口 喜多朗 作曲:谷口 喜多朗 花瓶を打ち付ける少女は、 他に気の引き方を知らなんだ。 例えば可愛らしく笑うとか、 はたまたさめざめしく泣くだとか。 写真の裏側に書いてた 日付の針を少し進めたら、 僕が君の横に転がり込むよ。 だって後が詰まってるんだ。 赤色のライト、格子に手をかけるサイモン。 彼女に教えてやってよ、あの50の方法を! 全部いやんなった! 忘れようとしたけれどもうダメだよ。 浮かんだ悲嘆だって、 あぁーあ、痛みじゃないでしょう? 眩んだ瞬間を思い出す度に悶えちまうな。 離れて戻ろうが、 ただ、うっかりしてただけさ。 詩人を気取ってる僕はさ、 今日も君を思って書き散らす。 誰かを救うつもりがあるなら、 手紙じゃ間に合うわけがないのに。 駄文の裏側仕舞ってた 景色も、いずれ廃れ消えるから。 忘れてゆくことそのものに愛を、 じゃなきゃ泣きたくなっちまうさ。 湿気ったフレーク、カビの生えたパンと牛乳。 床に散らす花瓶まるで花のように咲いてる。 暫しブレイク、腹が空くと少し寂しい。 こんくらいの憂いだけで  日々がいつも済めば良いのに。 割れた硝子の上を君は裸足で歩く。 歩き続ける。 割れたガラスの上を、君は一人で歩く必要はもうないよ。 共に朽ちよう。 全部いやんなった? 忘れようとしたけれどもうダメだよ。 浮かんだ悲嘆だって、 あぁーあ、痛みじゃないでしょう? 眩んだ瞬間を悔やむだけの時間、勿体がないんだ。 離れて戻ろうが、 ただ、一緒にいれただけさ。 たまたま、会えただけさ。 僕らはまた、さよなら。 僕は全部いやんなった。 全部いやんなった! それじゃ、全部いやんなった? 君は全部いやんなった?

アーティスト情報

谷口喜多朗のプロジェクト「Tele」

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or