町を編んで

KOHAKU
18
0

歌詞

作詞:若月樂

作曲:若月樂

ふらつく僕の足跡をかき消して 手招くのはあの汽笛の音 ごちゃつく僕の頭を空っぽにして 指差すのはあの時計の音 つまらなくてひどく退屈で 嫌になっても変わらなくて 眠らない雑踏を抜け出したあと 小さな明日を見つける 町を編んで星を描いて 誰も知らない夜を抱えていられたら 幸せと呼んで仕舞っておいて たったひとつだよ くすぐったい君の言葉を愛おしく思う まっすぐ続く道の途中に下手な相槌 つまらなくてひどく退屈だけど 嫌になっても変わらないでいて 眠らない雑踏を抜け出したあと 大きな今日を見つめる たまに会って話したくなるよ どうしようもない夜を抱えているなら 何もかも忘れてここにおいで ふたりはひとつだよ 町を編んで星を描いて 誰も知らない夜を抱えていられたら 幸せと呼んで仕舞っておいて たったひとつだよ

アーティスト情報

2021.07.03~ 札幌在住ロックバンド02 Gt,Vo. 樂 Ba. 律 Dr. 黛

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or