空想天の川銀河

アンジーモーテル
18
0

歌詞

作詞:木下大雅

作曲:木下大雅

眠たい目を擦り君と深夜徘徊 宇宙旅行 朝はもう来なくていいよな いっそ空に溶けてしまおう 悲しみに触れたらのなら僕らに歌は要らなくなる 水平線を越えるまではくだらない話でいい 小惑星に乗り街を出る 綺麗な月明かりだけが頼り 僕らの目的地は違うけど今夜はどこまでも 星を見上げたふたりは今 銀河の波のど真ん中を 歩くアダムとイブのような永遠を感じていた あれが僕らの一番星 小さな体の輝きは 遠く離れた場所で見えた 夢を照らす光 夢を照らす光

アーティスト情報

金沢4ピース青春パンク

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or