春の夜の

a triangle tiara
0
0

歌詞

作詞:naoko

作曲:naoko

今日の終わりも 人の波揺れる 藍の海 泳いで消える テールライト 深い眠りに着くときにも解る この街は生きているって 「都合の良いように」 そこに好きだとか嫌いだとかは巣食ってない 合わない歩幅など今更で ただ今日の終わりを 照らす終着点 僕らは夜の間にだって 僕らは夜の間にだって敵わない 優しさを振りかざして 見えるものだけが全てで構わない 解ってるんだ 春のように花みたいに 零れ落ちてくエンディング 過ぎてしまえば 次の季節に馴染んで 忘れていくのでしょう それでも君は規則正しくいたい 加速する手前で指を切って ただ育つ秘密を ずっと繋いで欲しい 僕らは夜の間にだって 僕らは夜の間にだって敵わない 優しさを振りかざして 聴こえてる全てが嘘でも構わない 僕らは夜の間にだって 僕らは夜の間にだって叶わない 優しさを振りかざして 見えるものだけが全てで構わない

アーティスト情報

関東を中心に活動中の3ピースガールズバンド。 Gt.&Vo. naoko Ba.&Vo. maiko Dr.&Vo. seira

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or