200年

bias
0
0

歌詞

作詞:根本啓一郎

作曲:根本啓一郎

「200年」 形のない 空気と僕と君と部屋 風が吹けば バラバラに なってしまうような 不安定な安定 二人いると あまりに 儚さ感じて 一緒に作った ハートの傷にふれあう いたわりあって  なにもない この部屋で 二人でいるのが 切なくて 揺れるなら もうすこし一緒にいよう 去り行く日まで 笑って 愛だけ のこしてみたい 100年後 形を変え 伝わる光 そう信じている いつのまにか 抱えてしまった孤独に 知らずと埋まったスペースを 解き放つような過去からの光 今、僕らが 星をなくしたら 未来の君は 夜空は黒いと知る 僕らが残す姿は 100年後 どんなふうに  100年後 どんな人が どう感じる 何を想像するんだろう 200年が経ち もっと経って 僕たちが奇跡的に 残した愛のピースは バラバラ バラバラになっているだろう 君がつないだ星を見たい

アーティスト情報

シンガーソングライター根本啓一郎によるソロプロジェクト。 ボーカル/作詞/作曲/編曲/ミックス/アートワーク/MV 2020年発売の1st album「last milk」から「ユリ」「明け方のある日には」「快晴の彼方へ」が、シングル「汽笛」「輝きの中で」「あれから花が咲いて」「永遠に続かない関係へ」がDeezer Top Japanで1位を獲得。 【配信】 https://linkco.re/asp2naQ7 【CD】 https://www.amazon.co.jp/LAST-MILK-BIAS/dp/B08GB15F3D/ref=tmm_acd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr= 【全曲ダイジェスト】 https://www.youtube.com/watch?v=MtTRCzZ65Gs ー新感覚ロック。 bias待望の1stアルバム。 ここは一体どこなんだろう。 架空の世界を今日も飛ぶ。ゲームのような没入感。 センチメンタル、荘厳、ノスタルジー。 精神が裏返る、音の攻撃、集中砲火。 退廃、ほのかな多幸感。摩訶不思議であたたかな目眩。 心が千切れるような独白。そして凄惨な白。 現実感覚がジャンプする、めくるめく音楽世界へようこそ 1.ユリ 2.檸檬 (Remastered ver.) 3.生命のドット (Remastered ver.) 4.レム (Remastered ver.) 5.楓 (Remastered ver.) 6.ビジュー (Remastered ver.) 7.明け方のある日には (Remastered ver.) 8.五月雨 (last milk ver.) 9.速度のない部屋 (Remastered ver.) 10.快晴の彼方へ 11.ひとりと知る。 (Remastered ver.) 今作は、書き下ろしの新曲が2つ、既発のシングル曲はリミックス・リマスタリングをしています。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or