夢を見てた.

bokula.
474
0

歌詞

作詞:えい

作曲:えい

甘ったるい日常になんとなく嫌気がさして 僕は缶コーヒーを買った ほろ苦い思い出に急に寂しさを覚えて 僕は10円ガムを買った お前がいないとさ春は来ない年のようで 僕は死んでしまったな ありきたりな歌詞にメロディをのせて歌うの 僕は典型的人間だ この街は何も変わらないやただお前がいないだけだ 夕暮れに咲いた花に恋をした お別れの時に泣かないように いつか二人の跡も何も全部 消えてしまったら 忘れていいよな キツい冗談でからかって泣き出してしまう事 でもたまにちゃんと怒ってくれて僕は本当にクズだった 一人になってふとお前を思い出してしまう 僕より料理が下手だったな太った事気にしてたっけな ああ、あの時どうしてごめんとさよならを言い間違えたかな 当たり前のようになってたみたいで、今に見えなくなるな 窓辺、陽が落ちて赤くなって 一つ、大切なものは側ににいつも 夕暮れに咲いた花に恋をした お別れの時に泣かないように いつか二人の跡も何も全部 消えてしまったら 忘れていいよな また夢を見てた

アーティスト情報

広島県広島市、19歳 2019年、9月より活動開始。 Gt.Vo えい Gt. かじ Ba.サトヒロ Dr.ふじいしゅんすけさん

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or