楽曲解説

4人組ピアノポップバンド『チャーリームード』の2021年4作目の配信シングル。切なくもロマンチックに光るピアノの旋律とストリングス、ブラスポップサウンドが夏の恋を爽やかに奏でる。

歌詞

作詞:松葉祐矢

作曲:瀬川黎

愛しくて届かぬ距離 もう恥じらう僕も振り切ってしまえば 揺れ合う心連れ去っていく 華奢な君の手を取って 出だしは取り留めなく 当たり障りないフレーズ 柔らかな声とイメージ さりげなく気に留めたいデリカシー 暮らしは落ち着かない 辺り照らすランドマーク なだらかな雨のグレイスに 僕はまだ手につかないポエトリー 散らかった想いも着飾ってしまえば Don't stop the musicでGet down! 迂闊にちょっと踏み込み過ぎたら どうなってしまう? 響かせて君への想い どうにか伝われこのテレパシー 不意に見せる表情、逸る胸の鼓動 積み上げたいステップ 色づいていく日々は踊り もう恥じらう僕も振り切ってしまえば 揺れ合う心連れ去っていく 華奢な君の手を取って 見出しは大袈裟で 流れ速いタイムライン 躊躇ってばかりのセンシティブ どこかまだ踏み込めないテリトリー 諦むその瞬間も 浮かべ アゲるコンセントレーション 照れながら顔を隠し 笑う甘いランデブー ありがちな妄想にも すぐ舞い上がってしまうな はにかんだ思い出はみ出してしまえば StopしてたMusicをAgain now! タイミングもしも見過ごしてしまったら もう二度とない 紐解いてあの日の問い どっちに結べば恋のセオリー? 急に見えない感情、無邪気なその挙動 何度もリピートして 俯いた君の元に もう躊躇う僕も振り切ってしまわなきゃ きっと春のように去って行く ヤワな僕に手を振って 愛しくて届かぬ距離 口ずさむいつかのメロディー 惑うときにはPlease trust me 馳せる未来 満たしたいメモリーズ 響かせて君への想い どうにか伝われこのテレパシー 不意に見せる表情、逸る胸の鼓動 積み上げたいステップ 色づいていく日々は踊り もう恥じらう僕も振り切ってしまえば 揺れ合う心連れ去っていく 華奢な君の手を取って このまま踊り続けて

アーティスト情報

都内を中心に活動中の4人組ピアノポップロックバンド。 (Vo,Gt)松葉祐矢 (Gt)安田育武 (Ba,Cho)福永悠斗 (Key)瀬川黎 ポップでキャッチーなメロディーと遊び心あふれる自由なアレンジで、様々な楽曲を届けます。「サイサイフェス2019」、「MUSIC MONSTERS2020-winter-」に出演。2021年には「エンターテイナー」「Heartbeat」「リップシンク」「Step」とそれぞれバンドの新境地を見せる、様々なアプローチの楽曲を4作リリース。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or