Lights on

ChroniCloop
0
0

歌詞

作詞:瀬崎 裕太

作曲:瀬崎 裕太

暗闇に立っていた 溶け出していく心 癒えない傷を抱えてた 終わりにしよう こんな後悔だらけの歌 どんな結末が待とうとも それを運命と呼んで祈るよ 僕らへ最大級の幸運と光を 悲しくなって目を腫らしてた 寂しい思いで揺れていた モノクロみたい躓く景色が 灰になって舞うよ 信じられないくらいのフルカラー 味わいたいよ 違う声ではしゃぐな 鳴いた空、胸が痛いんだ だから手を伸ばして 今僕ら解ったんだ 永遠という一瞬を 飛べないままじゃ嫌だろう 終わりにしよう こんな後悔だらけの歌 どんな結末が待とうとも それを運命と呼んで祈るよ 僕らへ最大級の幸運を 消えない願いと憶えていたい夢 溢れるユーモア偽善はノーモア 退屈がパレード 用意されてるんだスポットライト 置いていかないでよロックスター 抗えないの ただ一人で泣いていた きっと僕ら光っていた 魂の望んだ方へと その羽根で飛べばいいんだよ 始めてみるんだ 眩しいくらいの未来の歌 煌めいて弾ける夜に その傷さえも輝かせて 僕ら何処までも行こうぜ

アーティスト情報

<ChroniCloop are…> [ Vo.Gt. ] 瀬崎裕太 YUTA SEZAKI (ヒダリキキ少年) [ Gt. Key. ] 谷藤希隆 KIRYU TANIFUJI [ Dr. ] 吉成直輝 NAOKI YOSHINARI from Tokyo。毒を吐き、愛をうたう。メロウ×サイケなエレクトロ・ロックバンド。 US/UKのインディーロックを基調とし、オルタナティブ、フォーク、HIP-HOP、R&Bなどを横断した新感覚なミクスチャー・ダンスミュージック。 2017年9月、自主レーベルCLOCK TOWN RECORDSより初の流通盤となるミニアルバム「パレード」をタワーレコード新宿店・梅田NU茶屋町店・吉祥寺店限定でリリース。 2018年に2作の配信シングル「Earth Bound」、vivid undressのヴォーカルkiilaをフィーチャリングした「悲しみにさよなら」をリリース。 同年、“JOIN ALIVE”のオープニング・アクトに抜擢されキャリア初の夏フェスに出演する。 2019年3月diskunion内レーベルDOBEATUからフルアルバム「in Rainbows」をdiskunionとタワーレコードの一部店舗限定でリリースした。 2019年7月〜2020年6月の12ヵ月間に渡る12曲の配信シングルリリース企画を完走させ2020年12月30日フルアルバム「WONDERWALL」をdiskunionとタワーレコードの一部店舗限定でリリースする。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or