老木に手を添えて

Electro-Bokka
0
0

歌詞

作詞:笠原 颯真

作曲:笠原 颯真

森の中から街を見る 街から僕は見えない 嘘つきの吐いた独り言 そこには嘘はなかったんだろう 老木の枝葉が屋根のようになって 弱い僕のことを守ってくれた 地を這う虫が季節を知らせた 僕が現れたら他人は何を知るのか 森の中から街を見る 街から僕は見れない 嘘つきの吐いた独り言 そこには嘘はなかったんだろう 若草色の薫風がフィルムを巻き戻して 少年期の悪戯を映し出していたんだ 灰色の街の風に吹き曝されていたから 燦然と輝くあの日を羨んだ 平気だろう 平気だろう 熟した夜を食べる 孤独な夜に呑み込まれる前に 森の中から街を見る 街から僕は見えない 嘘つきの吐いた独り言 そこには嘘はなかったんだろう 荒れた手と小さな手を 握り合ったその間に 悠久の拡がりが映し出されていたんだ 老木に手を添えて 祈り続けてるよ 幾千の夜を越えて 今泣いてる君につながる 未来を

アーティスト情報

•情緒的な歌詞と多様な音楽性が特徴的なソロユニット •主宰: 笠原颯真 •作詞/作編曲/アートワーク •ご連絡はTwitterのDMからお願いします。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or