牧歌 Acoustic demo〜寝起き ver〜

Electro-Bokka
0
0

歌詞

作詞:笠原 颯真

作曲:笠原 颯真

適当に転がしたもどかしさ 陽を見送る毎日に堕落と嫌悪が飽和した 無くした色がここにはある 戻りながらもまた移ろう 鬱蒼とした享楽の森で彷徨った 虚ろな願いをもぎ取って うしろめたい思いを吐き捨てて 惨めな生活を継ぎ足して 些細な命を守ってる 落ちた枝を拾う僕 シャッター街の此処 凋落した自尊心に苔は生すのか 眠る遺骨を拾う君 シャッターを切っていた 没落した忠誠心に花を添えよう 与えられたものが全てならば 僕はなんで求め続けてしまうのか あれほど知りたがった幾つのことを 僕は教えてあげられるだろうか 嘘と本当 言葉と意味と 音と思いと 嘘と本当の間で呼吸してる

アーティスト情報

•情緒的な歌詞と多様な音楽性が特徴的なソロユニット •主宰: 笠原颯真 •作詞/作編曲/アートワーク •ご連絡はTwitterのDMからお願いします。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or