雪と体温

ふーか。
0
0

歌詞

作詞:ふーか。

作曲:ふーか。

雪が降って 濡れた後のコンクリート 踏みながら あなた思う ただ ただ ゆらゆら 揺れ動くその心 ちょっとこっち向いて アイ これはきっとアイだ 触れた体温ちょっと残して 降った雪に溶けてく 夢見る間 もう少しください あなたのそこに はいりこみたいの 駅への道 少しだけ遠回りした バレないように 一歩そっち歩いた  ひらひら あたしの濡れた髪 そっと払って アイ それはきっとアイだ そうだ 少し灯る街明かりも あなたにうつり溶けてく 夢が覚めていくようだ 触れた体温 もう少し このまま消えないで 夢見る間 もう少しください あなたのそこに はいりこみたいの

アーティスト情報

ふだんあることないことつぶやきます。 趣味アカです。たまに歌ったりしてます。(定期配信:毎週木曜夜10時半〜) ゲームするのが好きです。濃い趣味垢→(@fukadasudesu)

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or