スーパーノヴァ

月刊少年アイロニー
10
0

歌詞

作詞:田川

作曲:田川

彗星、きみはたぶん中途半端な軌道を 手で探りながら進んでいくんだろう どうせ、きみはたぶん君が嫌いな君のこと 今日もまた無理して生きている 何百年前の光に 未来のことを願うなんて 僕から見ると君は 言ってしまえばそんなもので 誰かのために生きているなんて 馬鹿らしいんだ 予想超えて落ちる未来が 誰かの夜をまた照らしているなら もういいから 衛星、きみはたぶん知らない世界のこと 手で探りながら進んでいくんだろう せいぜい、きみはたぶん 「消えてしまえたら」とか言う くだらないことまた考えているんでしょう? 言ってしまえばそんなもので 誰かのために生きているなんて 馬鹿らしいんだよ 君が光って消えたあの日から 言ってしまえばそんなもので 誰かのために生きているなんて 誰だってそうだ 予想外れ、皮肉だらけの 誰かを照らしていたよ 君は超新星だった

アーティスト情報

Gt.Vo.田川 Dr.ばもえ 2020/06/09 結成。 秋田発ロックバンド。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or