銀河(demo)

はるかぜ
0
0

歌詞

作詞:はるかぜ

作曲:はるかぜ

「大人になるとすべて忘れてしまうらしい」 と、うわさ話が廻る頃には君も何かを忘れている 子どもみたいな約束をした 移りゆくのは季節のすべて 変わらないものだけ抱きしめていたいよ 花吹雪はかつて花だったもの 流れ星はいつか星だったもの 命の火はそして燃え尽きたなら、何に変わるんだろう たゆたう意味を探して 時に誰かに出会うまで 涙はとっておいたらいいよ 強さはきっとあなたの中に お星さまならわかるのかしら 命の流れつく場所の名を 知ったところで何もできずに立ち尽くすだけ 早起きをして見る朝焼けの燃え盛るようなうつくしさには 思わず息をするのをやめてしまうの たゆたう意味を探して 溢れるままに零して 忘れる前に届いて 変わらず消えていくこと たゆたう意味を探して 時に誰かに出会うまで 命はとっておいたらいいよ あなたはきっと誰かの中に

アーティスト情報

音楽が好きです。大学生です。静岡にいます。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or