楽曲解説

彼はまだ夏だったなにかに取り残されたまま

歌詞

作詞:山北せな

作曲:山北せな

時計仕掛けみたいに波打つ鼓動押し込めて 思いは儚い寄せては返すだけ 波打ち際のジレンマ引き際返した心を 思いは儚いいえない 「ごめんね」 見開きで有限に広がった海 君はもう幽霊みたいに僕の心に住み着いてしまったようで 夜の数は有限で咲く花びらは刹那を有形にしてくれるから さよならすること思い出せていた 思い寄せたらもうかえさないくらいがよかった? 九月の熱残して 花火が咲くこの夜に海は孤独だから 思い返してしまった 「さよなら」 もうすぐ夏だったなにかになってしまうよ去ってしまうのさ ただ夏だったなにかに流れされ取り残されて離れて もうすぐ夏だったなにかになってしまうよ去ってしまうのさ ただ夏だったなにかに流れされてしまうよ 時計仕掛けみたいに波打つ鼓動押し込めて思い返す またたぐり寄せられたらもう離さないから まだ九月の熱残して 花火が咲くこの夜に海は孤独だから 僕みたいって思った 「ごめんね」思い返すよ もうすぐ夏だったなにかになってしまうよ去ってしまうのさ ただ夏だったなにかに流れされ取り残されて離れて

アーティスト情報

都内で活動中、オルタナティブロックバンド。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or