ディラン

hizume
2
0

歌詞

作詞:黒瀬まりな

作曲:黒瀬まりな

窓から差し込む光が眩しすぎて 顔を背けた朝 壁にかかった制服が睨みつける 目を瞑り直した  ああもう 鳴り止まないアラーム 重くなっていく体 行きたくないな 行きたくないな あの場所には あれから何年も経ったのに 同じ朝を迎えるのは 頭の隅であの日が消えてないから 思い出にしたはずのないあの日が また戻ってくる夜 閉まりきってない蛇口からの水の音が 閉まりきってない心の穴に ぽつんぽつん 落ちてくる ぽつんぽつん 染み渡ってく あれから何年も経ったのに 同じ夜を迎えるのは  心の中の痛みが消えてないから いつまで考えさせるの? いつまでそこにいるの? 死ぬまで忘れられないの? あいつらの顔も名前も全部思い出せるよ あれから何年も経ったのに 同じ毎日がまわるのは 私が何も変わらないから 周りが変わってないんじゃなくて 私が変われてないからだ

アーティスト情報

2020年5月大阪発4ピースロックバンド 日々の中で鬱蒼とした感情を抱えつつ、それでも僅かに差す光を底からみているような、そんなバンドです。 命を削るように叫びます。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or