Ukiyo

hosuminos
0
0

歌詞

作詞:hosuminos

作曲:hosuminos

寒い夜にそっと 吐いた気持ちの行き場 あてもなくふらついて は温もりを探してる あれが僕じゃなきゃきっと 順風満帆だろ すべからく笑い、歌って 気持ちよく死ぬだろう 行方をくらませ 1人で震える 起こるべくして起こる ことをなんと呼ぼうか あるべくしてある僕 は思うわけなのです 数十年生きても わからず震える 足が地につかないなら 雲の上をあるこう 肩の荷が降りないなら 翼でも生やそう 足が地につかないなら 雲の上をあるこう 肩の荷が降りないなら 翼でも生やそう 夜に眠つけないのならば 月と横になろう 声が届かないのならば いつものキスをしよ

アーティスト情報

1999年生まれ。日本とメキシコのハーフとして両国で育つ。好きなものはビールと映画と小説。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or