明るい庭

Pygmy I’m cricket
0
0

歌詞

作詞:齊藤翔馬

作曲:Pygmy I'm cricket

朝を迎えた君は 木々を揺らして笑う 白い光の海へ 静かに降りていく 残されたものは 多くはないから 記憶を重ねて 暗くなる前に 暖かい場所で 報せを待っている 氷が溶けるまで 眠らせて 色褪せた窓辺から 君が見たのは 鮮やかすぎた 叫びたくなるような景色 春の陽が君を置いていっても その手にそっと 風を隠して 遠くまで 誰も居ない通りを 降る雨は眩しい 最後に告げた祈りが 空を昇っていく 色褪せた窓辺から 君が見たのは 鮮やかすぎた 叫びたくなるような景色 緩やかな孤独が迫っても その目でずっと 時を見つめて 遠くまで

アーティスト情報

(New release) https://t.co/N0vYw7TjuT (Mail) pygmyimcricket@gmail.com (Goods) https://t.co/SU60fhYVJv

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or