Kagari.
13
0

歌詞

作詞:金子祥之

作曲:Kagari.

一人で流していた涙にも あなたが流すその涙も 1つ1つ全部抱きしめてこう また会う日まで 何もしたくないような夜に あなたの顔を思い出すの 特別と大切の隙間にある 透明な光が 君を照らした ような気がしただけかもな 忘れないように無くさないように 君の街へ駆け出して 昔を少し眺めに行こう 君となら少し遠くまで行ける その手離さずに 君が話していた あの日々も (忘れないように無くさないように) 1つ1つ全部抱きしめてこう 透明な 君の街へ駆け出して 昔を少し眺めに行こう 君となら少し遠くまで行ける 涙堪えてでも 君の街へ駆け出して 昔を少し眺めに行こう 君となら少し遠くまで行ける その手離さずに 明日は今よりきっと 昨日よりもっと光を 照らせどこまでも

アーティスト情報

大阪 茨木 バンド

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or