夢花火

神谷友志
1
0

歌詞

作詞:神谷友志

作曲:神谷友志

君と過ごしたあの淡い夏の日 手を取り合うことさえしてなかった まだ幼い日の2人 胸の高鳴り伝わらないように 気持ちとは裏腹に 照れ隠しの距離をあけて歩いた 全てが過去になるんだろう 悲しいほどに小さく 初めて見る君の浴衣姿に心奪われたあの時も 夜空に上がった花火を見上げた 君と僕の肩がそっと触れた いつもより少しだけ寄り添った影が 1つになったあの夏の日 君が隣にいる それだけで良かった この時がいつまでも続くと思っていた 浴衣まとって通りゆく笑顔と 夕日のような灯りが 夏祭りの夜道を照らしていた はぐれないようにと 君から差し伸べた 小さな左手の温もりも まだ微かに思い出せる 全て忘れてしまうのかな 何もなかったかのように 別れの言葉告げた君が何故か泣きながら見せたあの笑顔も 夜空に上がった花火を見上げた 君と僕の肩がそっと触れた いつもより少しだけ寄り添った影に 永遠さえも近くに感じた 君が隣にいる それだけで良かった こんな日が来ることを考えもしなかった きっとまた思い出すだろう この季節が来るたびに 始まりの日も 君と夢見た未来も さよならの瞬間も 全てがあったから今の僕なんだ 忘れられるはずないだろう 夜空に上がった花火を見上げて いつかの君が笑った気がした 隣に寄り添っていたはずの影が 遠く何処かに消えていった 大きく弾けた花火は あの日と変わらない色に夜空を染めた 目が覚めた僕に残ったのは まるで夏の夜に見た花火のように 何処か遠い空へと消えていった 最後に君が見せた笑顔の夢だった

アーティスト情報

北海道釧路市出身。 東京都内を拠点としてアコースティックギター弾き語りを中心に活動中。 自己の経験から生まれたストーリー性のある楽曲を軸に、聴いた人の心に寄り添うことができるような音楽を届けられるアーティストを目指しています。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or