図書室

まほろ
0
0

歌詞

作詞:まほろ

作曲:まほろ

その 琥珀色の光に照らされた横顔は 世界中の思いやりをかき集めても かなわないくらい 優しかった 夕暮れ時の窓辺に 一つ置かれた花瓶 吹き込んでくる風に 揺られる花を 愛でるあなたの眼差し 空気の流れが周りとはすこし違う 眩しい青春の喧噪から離れたこの場所で 青い私は ただあなたと居た 深い飴色に馴染んだ横顔 時間よ止まれと何度願ったか 楽しかった思い出も いつか忘れるんでしょう そうなんでしょう? 触れることのできなかった その心の奥には 誰が居たのですか? 少しほこりっぽい書架 背表紙に指をかける仕草 産毛が照らされる 手を伸ばせば届く距離にある佇まい チャイムが遠くで響く 今はまだ この流れの中に浮かんでいたい 目を強くつぶって 五つ数えたら なんて 自分で笑ってしまう 未来を見たいなんて思える歳じゃない まだ 最終回はとっておきたい 「傍にいられればそれでいい」 なんて思っていたのは あの頃だけだ 楽しかった思い出も いつか脆くなるんでしょう そうなんでしょう? いや はじめから脆かっただけかな 不意にあなたの匂いが横切った気がした この思い出の手触りを 忘れることはないでしょう きっと死ぬまで 触れることはできなくても この心の中には ずっとあなたがいる

アーティスト情報

熊本→東京 19歳 大学1年生 アコギ・ピアノ弾き語り 日本語で人生について歌っています。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or