カフカと鈍行列車

メリクレット
5
0

楽曲解説

フランツ・カフカ著の小説「変身」を原題とし、不条理が蔓延る歪んだ格差社会に生きづらさを感じる青年が、悩み苦しみ、絶望することで自我を失っていく過程を、さながら小説の様に "毒蟲" になることで未来の希望を喪失していく過程を描く。 最期に目に映る景色とは、辿り着く狂気とは何か――――― 厭世的な歌詞と儚い音色で奏でる、メリクレットが送る渾身のロックバラード。

歌詞

作詞:レニア

作曲:レニア

君に言わせれば弱さでも 僕にはそれしかなかったの 午前二時に針が刺した 息苦しい夏の夜 醜く映ってしまうから 悲劇も喜劇も今ではもう どうでもいいや 歪なまま 生き続ける僕は もう毒蟲の様だ 泣いたままの顔を見せて 悪い夢なら醒めてしまえたら 囁く朝の深い造形に身を任せて このまま死んでしまえたら 楽だろうな 役立たずと間引きをされて 忌み嫌われ 居場所も無くて それでも前を向けだなんてさ もう 笑っちゃうよな あんたにゃ わからないか 僕もずっと 背骨が折れたまま 日々を貪るんだ 眺めるだけだ 確かに貰った筈の愛も 優しさも全部目を向けぬままで 汚いばかりだろう 欲まみれ この世界はどうも僕は 息がしづらいな 誰にも見つけられないまま 優しさは 踏みにじられた心は 黒くなって 世界を憎む怪物になって 「怖いものは僕にはないから。」 救わなくっちゃ 世界を壊して 涙を拭いてさ ナイフを手に取り 僕を見限った汚い君(セカイ)終わらせるんだ この世が僕を見つけるから 幸せの全てを壊して

アーティスト情報

北海道札幌市を拠点に活動中の男女混合4ピースオルタナティブロックバンド。 2019年9月に大学の軽音楽サークル内で結成。 「涙伝う日常に、奏でる藍の逆さ傘を。」をコンセプトに、精力的に活動中。 レニアが織り成す厭世的な詩による情景描写と、ジャンルの垣根を超えた幅広い楽曲群、ちぺの力強くも儚い歌声で、独特の世界観を創り上げている。 ちぺ(Vo&Gt) レニア(Gt) 斗輝(Ba) Meg(Dr)

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or