千歳飴

紀田ミズキ
0
0

歌詞

作詞:紀田ミズキ

作曲:紀田ミズキ

おばあちゃんが作ってくれたおさげと 大事なアネムのカバン ぶら下げて いまも残ってる写真は 煙草で黄ばんでいる 古びたかのことお花を 誰よりも上等につけてくれた 慣れた手 誰よりもしわの数が 目立っている にがてだった千歳飴は いつも おばあちゃんが代わりに食べてくれた 二十になった私の代わりはもういないけど あの味は いまも変わらないんだ 何も色褪せない 車の中で サタデーホットリクエストは お気に入りラジオ 贅沢はないけれど だれよりも特別にしてくれたのは 忘れないのは あなた おじいちゃんが迎えに来てくれた夕方を チョコレエトを舐めながら 園長室で待って いつも 最後に残っている私 そんな時も笑わせてくれた 「お姫さま お迎えに参りました」 にがてだった参観日は たまに おじいちゃんが代わりに来てくれていた 二十になっても私の隣にいてくれたのは あなただから いつも変わらないよね 何も色褪せない 車の中で サタデーホットリクエストは 終わってしまったけど 格別はないけれど だれよりも特別にしてくれたのは 忘れないのは あなた 二十になった私は あなたの背を追い越しているけれど どんな時も その背中を追いかけて 追いかけて 強くなれた いま あなたもとへ にがてだった千歳飴に いつの日も強く願っている あなたに幸せでいてほしくて 生きてほしくて あの味は いまも変わらないんだ 何も色褪せない 車の中で サタデーホットリクエストは お気に入りラジオ 贅沢はないけれど だれよりも特別にしてくれたのは そこに愛があるから いまも愛があるから 大好きだよ ずっと

アーティスト情報

沖縄出身シンガー・ソングライター 紀田ミズキ(キダミズキ)21才。寝ることが好きです

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or