歌詞

作詞:Wazaza

作曲:Wazaza

「霙」 失うものなんてない いや始めから何も無かったんだ もう全部どうでもいい とアクセル踏み込んだ環状線 ハンドル握る手に 浮き上がった静脈が青白く 生々しいほどに ルームランプに照らし出された 「都心は今夜季節外れの寒波に見舞われます」 FMのキャスターが無感情に伝えている 外で凍えてた 未練も後悔も轢き殺して ついでに大切な 何かも引き裂いた気がした ずっとそばにいるよ そう言っていた君が 今は僕の知りようのない 誰かに抱かれている 呆気ない終わりに 悲しいも虚しいもない 世界はそんな薄情さで 回り続けてるから ぽつり ぽつり ぽつり 霙が ぽつり ぽつり 窓に 砕けた 全部君が悪い なんて思いがふいに溢れるけど きっと僕だってそう 知らず知らず君を傷つけて 必然だったんだ 埋まらない溝が生まれたのは どちらのせいでもない いやでも全部君が悪い 君との日々も 淡い期待も それを悔やんだ今日も 忘れたことにしよう 忘れるその日まで ずっとだなんて言葉に 永遠を感じてた 今じゃもう馬鹿馬鹿しくて 笑えてくるけど 少し開けた窓から 冷え切った風が吹く 籠もった空気の車内には 丁度良いなんてくしゃみした ぽつり ぽつり ぽつり 霙は ぽつり ぽつり 肌に 冷たい 最後だけ見ちゃえばさ こんなオチになったけれど その時々の君の言葉に 嘘なんてなかったんだろう このまま遠くへ ずっと遠くの場所へ 消えてしまいたいな 街の灯は疎ら 君にさよなら ずっとそばにいるよ そう言っていた君が 今もきっと同じこと 誰かに囁いている いつか行き止まりは訪れる そんなの分かってる 分かってはいるけれど なおも加速してくよ ぽつり ぽつり  ぽつり 呟く ぽつり ぽつり 声が 震えた

アーティスト情報

大学のジャズ研究会で結成されたDaichi(Pf,Arr)とWazaza(Vo,Gt)による2人組ユニット。2020年春、コロナ禍で普段のサークル活動が完全にストップしてしまった中で、何か面白いことは出来ないかという思いから結成された。POPでJAZZYなサウンドの中で心象スケッチすることを試みています。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or