溢れ出す藍色

ナノメ
2
0

歌詞

作詞:長谷川

作曲:ナノメ

感情にモルヒネを与えたなら 記憶すら欺かれて 不都合を拒んだその眼は 明日さえ憎む様な温度を感じさせ いつの間にか水銀色に濁っていた 癒えることない傷を抱えたままで 季節外れの冷えた雨に打たれて 彼の鼓動は止む それすらも受け入れる君の瞼を 溢れ出す藍色 偽物が繰り返す日々の惰性を 終える時が来たよ 汚された海の中浸かり過ぎて 彼はもう振り返りはしなかった 月日は流れやがて 奥底の想い出や風化した今日すらも 君の中で溶け崩れてしまうのかな

アーティスト情報

都内オルタナティヴロックバンドです。Gt.&Vo. 長谷川Ba.中村Dr. 佐藤 https://t.co/YkcBgUH6AH 連絡先nanome.band@gmail.com ブース通販https://t.co/d2ZFFV9IQ1

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or