あとのまつり

おおやち たかひろ
2
0

楽曲解説

なんとなく、ほんとになんとなく聴いてみてください。

歌詞

作詞:おおやち たかひろ

作曲:おおやち たかひろ

夜のままの身体に さらっと朝を流し込んで 今日の夜は何を食べようかと考えた 服を着替えても 大した用事も無いし 面白いものはないか定まらぬまま外へ よくある光景 いつもの風景 目を引くものなんて すぐ見つかるはずもなくて 視界に入るもの一つずつ見てみた 錆びた電柱や 干からびたカエルや 生え散らかった花が自分と重なった 予想外の気付き 思わぬ不意打ち 目の前で電車が進んでくように あの頃の日々は戻らない だからこそできたこともあるってこと言ったら 怒られるかな さっき朝を注いだばかりなのに もう 夜が飲み込んでくる 今さら後悔しても戻らない 今から直しても遅い あの苦い朝はなんの効果もなく ただ 目の前で電車が進んでくように あの頃の日々は戻らない 干からびないように 錆びないように何度も 朝を注ぐんだ

アーティスト情報

大阪で過ごしています 趣味は脱毛です アコギで弾き語りをしています

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or