アストロノートの少年

ペントノート
1
0

楽曲解説

夏の終わりに遠い世界に旅立っていった少年

歌詞

作詞:柿沼憲太郎

作曲:柿沼憲太郎

夏が過ぎる頃 君を思い出す 多分 君はもう 僕を忘れてる 作り話でも現実に出来る 不思議な力に僕は惹かれてく 秘密を守ること 約束が出来るなら 連れて行ってあげるよ 宇宙旅行へと 真夏の入り口 夜へのドア開いた 校庭を抜けて フェンスを乗り越えたら ★ 真夜中過ぎ揺れていた プールに浮かぶ銀河 君がイルカみたいに飛び込み消えてく 重力だって感じない そんな自由な姿 振り向き僕を呼んだ声が今は遠く 将来の夢は宇宙飛行士と カプセルの中に君は書いていた 十年後の未来 自分に宛てた手紙 結局は白紙で僕は封をする 秘密基地の場所 あの日僕に明かした 強く秘めた夢 叶わないと知ってた 夏休み最後の日に 僕はママから聞いた 明日からの季節に君がいないこと 屋上に飛び出したら 冷たい風が吹いた そんな気がしてたのに だけど言えなかった 秘密基地の場所 高層ビルが建った 君は今はもう 宇宙を旅している repeat ★

アーティスト情報

北海道出身のp.e.n(Gt/Vo)と、東京出身の柿沼憲太郎(Key)により結成。サポートメンバーと共に、都内を中心に活動中。。 「シュガーボイスなスウィートロック、置き忘れた玩具箱の中の音楽を」

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or