いつかの君の声のように

ザ・ラヂオカセッツ
3
0

歌詞

作詞:山下秀樹、大谷ペン、渡辺ヒロ

作曲:山下秀樹

田舎道を歩いてみれば ぽっかり景色は変われども 懐かしき日の想い出が 時折頬を掠めます 笑い合えた日々のこと 遮二無二夢を追いかけて 眠れない夜があったこと 耳をすませばいつだって あの唄が風のように流れてた 置き去りにされる毎日に 過ぎゆく季節の声を聞く 変わりゆく街は残酷で あの日の君と待ちぼうけ あの唄が風のように流れてた 自分だけが見れる夢に 全てを賭ける勇気を持ちたい 死ぬまでずっと変わらないことは きっととても簡単な事なんだよ 満たされず流されず時だけが流れてた あの頃もこれからも優しい唄は流れてる 歩いてまた立ち止まるとき 良いも悪いもいつだって 乾いた心奮わせる いつかの君の声のように あの唄が風のように流れてた 今も聞こえくる唄

アーティスト情報

ザ・ラヂオカセッツ 山下秀樹(Vo.Gu)、渡辺ヒロ(Ba.Vo)、大谷ペン(Dr.Vo) 吉祥寺を拠点に活動するスリーピースロックバンド。 メンバー全員が作詞・作曲・ボーカルおよびコーラスを担当し、「歌心」を何よりも大切にしている。 タワーレコードが主催するオーディション「Knock’on TOWER’s DOOR」にてグランプリアーティスト、各賞を全て受賞し初の全国流通盤1stミニアルバム「ザ・ラヂオカセッツ」をタワレコプッシュアイテム「タワレコメン」としてリリース。ツアーやワンマンライブを精力的に行う。 これまでに「Age Stock in 日本武道館」、「SUMMER SONIC 」、「ARABAKI ROCK FEST.」、「YATSUI FESTIVAL! 」などの大型フェスやサーキットフェスに多数出演。 映画監督・大崎章によるショートムービーMV「HOME AND HOME」が「MOOSIC LABO 2017特別招待作品」、「横濱インディペンデントフィルムフェスティバル2017音楽部門 最優秀賞」を受賞。映画監督・松本花奈の最新作「過ぎて行け、延滞10代」の主題歌・挿入歌を書き下ろすなど、映画界にも活動の幅を拡げる。 中国・北京で行われたライブ配信アプリ主催のイベントにて、海外初ライブ。 カセットテープで限定リリースした「初期のTRCセッション」は即日完売。翌年配信リリースをした際には、収録楽曲がTuneCoreJapanが選ぶ週間注目楽曲プレイリスト「tuneTracks」に選出される。 2020年はザ・ラヂオカセッツpresents「Welcome Our Living Room」と題して、メンバーのルーツとなったアーティストとの2マン企画を旗揚げ。 新型コロナウイルスによりイベント中止・延期が相次ぐ中、2公演を開催した。 vol.1ゲスト 山崎ゆかり(空気公団) 無観客配信ライブ vol.2ゲスト 岩瀬敬吾(ex.19) 人数制限&配信ライブ ※チケットソールドアウト vol.3ゲスト 曽我部恵一と塀の上で 2021年6月27日開催 古き良き音楽を昇華しながら抜群のコーラスワークを武器に、聴く人の生活に寄り添う温もりある「現代のグッドミュージック」を歌う。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or