花とペガサス

Rio Hosokawa
0
0

楽曲解説

Rio Hosokawa 4th single

歌詞

作詞:Rio Hosokawa

作曲:Rio Hosokawa

花とペガサス こんなバスの中なんかじゃ 狂いそうなこの衝動 飛んで渡ることができた 甘く切ない記憶 これはただの昔話 誰も知らないような 春の声は神樣から 生きろ生きろ 信じる 花とペガサス あの日生まれた 色を身につけて行けよ 最後に生まれた 母から聞いたよ あの町から飛び出して もうしばらく 夜の孤独はいつも 僕を見つめている 風を抜けて いつか光るあの無敵へ だけど優しくありたいと 心で叫んだ 街で生きる僕の時間は 無情なほどにも早く 生きるものはいつか空へ 叫べ叫べ愛した 花とペガサス あの日生まれた熱を身につけて行けよ 宝物だけ抱えてろ 生きてく僕らは あの笑顔や優しさは まだ僕のね 夢となって導くんだ 険しい飛行へ 夜の魔力はまだ僕を睨みつけてる 羽を止めずに飛べ そうさ僕は自由だ あの町から飛び出して もうしばらく 夜の孤独はいつも 僕を見つめている 風を抜けて いつか光るあの無敵へ だけど優しくありたいと 心で叫んだ

アーティスト情報

Rio Hosokawa 幼少期に憧れた、ミュージカルアニーの影響で、 18歳で単身渡米。 ニューヨークでボイストレーニングと、 ステージを重ねる。 帰国後はボーカリストとして活動。 多数のオーディション番組にも出演。 2014年、オーディション番組にて 音楽プロデューサー本間昭光からのアドバイスがきっかけで、 シンガーソングライターとして活動を開始。 2020年2月現在までで 全曲自身作詞作曲の 5枚のシングル、 2枚のアルバムをリリース。 4枚目のシングル[クロスオーバー]が 音楽プロデューサー松隈ケンタのラジオ番組 “スクランブルロックシティ”にてピックアップ。 同番組のプレイリスト入りを果たした。 都内で3度のワンマンライブ、 2度の東京神戸広島ツアーを成功。 より自由な音楽を求めて 毎日飛び跳ね中。 また大手企業広告や個展作品の被写体としても活動。 好きなものは古着、読書、麻婆豆腐。 [世界は美しいと伝え続けたい] これまでの主な出演 TBS[Sing!Sing!Sing!] 日本テレビ[歌唱王] 大塚製薬[Soyjoyクリスピー] 千葉テレビ[ナイツのHit商品会議室] iT'sCOM[地元TVおかえり!][limelight] 東京国際フォーラム 代々木第二体育館 ...etc

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or