偽り

真田 嶺
1
0

歌詞

作詞:真田 嶺

作曲:真田 嶺

小さなその手で慣れない ギターを弾く日曜の朝 そこはそうじゃないって一緒に 笑いあった時には 戻れない あの日の君は いつもと何かが違った 腕の中にいたはずなのに あの時 君の 呼んだ名前が僕だったら まだ 愛せていたのかな 僕を許しておくれよ フラれたって泣けなかったんだ 君の涙は 僕を惑わす 僕を許しておくれよ 別れを受け入れたのは心がきっと 離れて しまってたから 別れてからは 君を悪者にしてるよ もっと君を嫌いになるように 思えば僕は いつかこの日がくることを 少し期待していたのかな 僕を許しておくれよ  フラれたって泣けなかったんだ 君の涙は 僕を惑わす 僕を許しておくれよ  別れを受け入れたのは心がきっと 離れて しまってたから

アーティスト情報

北海道出身SSW / 東京を拠点に活動中/ スウェーデンで音楽修行 / 早稲田 / Square the Circle(@STCfromSMC) Vo.&Gt. /Harenova vol.7 出演決定

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or