夜行列車

too late to die
0
0

歌詞

作詞:Masakazu Sakata

作曲:Masakazu Sakata

この世の冥利を悟ったそんな気がした朝に 飲み込みきった思いで満腹になっていた 盲目のまま砂漠を歩き疲れた夜に ひとり流した涙で喉が乾ききっていた いつでもずっとそうだった 消えて無くなりそうな境界線 掠れて消えそうなインクを 必死になぞっていた この街を抜け出して 未だ見ぬ夜の向こうへ 見慣れきった景色を彩る透明なレンズ 苛立ちを吐き出して 絶望のその向こうへ 日常に惜別を告げ去る五月雨の夜 茜さす夕暮れさえ所詮雲の切れ間 通り雨はいつだって真上に留まった 過ぎ去っていった毎日も いわば切れかかってた生命線 一色欠けた色鉛筆は だれも気にすることはない ありふれた言葉では 言い切れぬその向こうへ 雨音で目が覚めた深夜の聡明なワルツ 永遠を諦めて 地平線の果てまで 感情に絶縁を告げ去る旅立ちの夜 夜行列車の窓には隣町の薄明かり 今日も明日も明後日も探す幻の行方

アーティスト情報

多種多様な形態で活動予定/デモ音源公開中

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or