絶対零度

芝伸介
0
0

歌詞

作詞:芝伸介

作曲:芝伸介

絶対零度に閉じ込めた 花の色は消えないままで それは太陽のようで月のようで あの子この子どの子とも違う 直滑降へと転がって 弾みやがて止まったボール 深夜公園ベンチでまた明日 遊び疲れてまた眠った ずっと観ていたかったけど (彼女がつづった夢物語) 異論反論があったとしても (旅立つときは) 切なくてつらいね 春の海を越え 空を渡る船を追いかけて 誰か連れて行って 未来が呼びだすその方へ 目を閉じて探しても 重ね合わせてはずれていく あれも違う これも違う 幻抱えて また夢の中 絶対零度に遊ばれた それは誰も知らない場所さ 何を後ろ手に笑ったか 誰も知らないままだからさ 僭越ながらで繰り返し どんなことが正しかったか きっと太陽のように月のように 明日は昨日昨日昨日って泣いたのか ずっと会いたかったけれど (彼女がつづった夢物語) 胸をついた顛末は (舞い散る花弁) 切なくてつらいね 頬を伝い落ちた あなたの旅路はユートピア もし会えるのなら 「はじめまして」から 伝えたい 夢に追いやられた ぬかるんだ道を歩いては 今でも眩しい 振り向かない あなたを覚えてる 目を開けて 見てごらん その確かさを認めたら 山ほどの宿題を 両手に抱えて あの公園へ

アーティスト情報

ex.Shivashin/シンガーソングライター/埼玉/ワンマンありがとうございました/ダブルシングルリリース/サブスク解禁/フリーランス/ニコニコ超会議幕張メッセ/趣味は占い/#芝伸介

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or