ファンファーレ

the paddles
17
0

楽曲解説

1st Demo「AWAKE」収録曲。

歌詞

作詞:柄須賀 皇司

作曲:柄須賀 皇司

糧になって 夢描いて それが朝になるから 諦めて 夢壊した それも朝になるから 顔洗って 鏡見て 透明な朝を迎えて 外に出て 確かめるよ 嘘じゃない他の誰でもない ここに生まれて初めて不条理に触れたのは 届かぬ理想を追ったとき 涙流してそれなりに強く走ってきたんだ 聞こえる確かなファンファーレ 心に刺さるものはなかった ただ息を吸うことは辛かった そんな日を迎え撃つ根性も無かった 明日がむしゃらな僕を見据えた ただ明日になることは怖かった でもぶつかることには慣れていた ここに生まれて初めて不条理に触れたのは 殻に押し込められた僕さ 涙流してそれなりに強く走ってきたんだ 聞こえる確かなファンファーレ 慰めはいらないという強がりには耳を塞いで 確かめるよ振り返る先に広がる熱いちから ここに生まれて初めて不条理に触れたのは 届かぬ理想を追った時 涙流してそれなりに強く走ってきたんだ 聞こえる確かなファンファーレ

アーティスト情報

2014年、高校の同級生で前身となるバンドを結成。 結成当初から積極的にデモCDを発表、それに合わせた全国ツアーや大型サーキットなど若くして数々のライブイベントに出演、2018年末には「COUNTDOWN JAPAN 18/19」への出演も果たす。 その経験値からも裏付けされたライブは当時から評価&期待値共に高く話題となる中、2019年10月、遂に1st mini album『EVERGREEN』をリリース。 そして2020年10月には最新作となる2nd mini album『THE ERA』をリリース。 タイトルの通り「時代」に挑むthe paddlesに引き続き注目したい。 【Discography】 ■1st mini album『EVERGREEN』 ■1st single『スノウノイズ / 22』 ■2nd mini album『THE ERA』 【Award】 ■「十代白書2018」グランプリ ■「MASH FIGHT! Vol.7」FINAL MATCH進出 ■「RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 18/19」優勝

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or