ラジオから

わたあめ坊や
0
0

歌詞

作詞:つむ

作曲:佐々木、つむ

6Fから駆け降り 踊り場からビルを1つ 反射した青に梯子かけ 上昇する鯉の群れがうねってる 雨の香りを感じないまま 今日を暮らす人の1人 横断歩道で干からびた カエルがまたふやけては暑くなる 新宿のはずれからレモンのラジオ 新宿のはずれから口ずさんでる 目と眉の動きを追って つぐんだ唇の形 1つ拾ってわかり合う 夕日をまた迎えては深くなる 新宿のはずれからレモンのラジオ 新宿のはずれから口ずさんでる

アーティスト情報

西東京発、テンダーパンクバンド

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or