愛哀

yuna.
3
0

楽曲解説

「愛哀(あい)」と読みます。

歌詞

作詞:yuna.

作曲:yuna.

小さな街灯が 照らす夜 そろそろ時間だからと シャツを着て 「もう行くね」って まだ君の匂いが やわらかな甘い匂いが ベッドには残ってて ああ また仕事かって あっという間に朝を迎えた わかってた 君に気持ちがないことは 2人の間は開いていくから 心の穴を埋めるだけの僕は 君にとって 君のその華奢なからだと 重なってた それでも 見ている世界は 違ってた でもさ 君はさ 淡い色に 混ざり合う空間が 息苦しいんだ その苦しさも 溶かしてしまおうか わかってた 君に気持ちがないことは 2人の間は もう戻りそうにない 心の穴を埋めるだけの僕は 君にとって もう要らないかな 時間は気にしなくていいから もう1度だけでも 愛を 哀を

アーティスト情報

青森出身、千葉在住。 弾き語りをします。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or