新生活

toronto
5,139
11
0

歌詞

作詞:根本 快

作曲:根本 快

アスファルトでは 取り残された水だけが 息をしている 朝が来たのに 大型のトラックの音しか聴こえてこない 騙し騙しの日々のことも 昼になれば忘れてしまうよ 笑えるくらい 角が丸くなったピックと 生きてゆけるだろうか 今はしがなく思えても 色褪せる事はない気がするな あのアルバムはもう埃を被ってしまったかい 浄化作用があるとか 下らない事を言いながら 希望と絶望をそこに託していた隙に 意味の無い事だと君は微笑みを浮かべていたのだろう 赤く染まるはずの空には分厚い雲 五つ子の電線 街がそろそろ眠りにつく頃 重なり合う音が聴こえてくる 偽物の美しさでも信じたい日がある  新しい生活 冷たい風の中を急ぐ 鳴らすロックが小さな悲しみに勝てるのなら まだカルチャーは死なない 恐れることなんて何もないのさ

アーティスト情報

2019年4月結成。スリーピースバンド。 2019.8.28 1st E.P.『toronto』リリース RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 19/20 優勝 2020.6.24. 2nd E.P.『新感覚』全国流通盤としてリリース toronto_japanband@yahoo.co.jp

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or