或ルところに

UtaKata
15,725
231
6

歌詞

作詞:斎藤響

作曲:斎藤響

大人になってしまったのに ひとりぼっちの僕には 守るべきモノなんてなくてさ 部屋にうずくまったまま 朝が来る 消えた街の外灯 高架下の暗がりにも 嫌われている気がしたんだ 生きる価値が霞んでく 偽った言葉を並べては 自分が傷つかないようにだけ 誰に聞かずともわかってた 「僕」はここには居ないこと 「それでもふとした時に突き刺さる 『君』を穢すその声に耳を貸さないで 君が思うよりずっと君の声は 誰かを救っているはず」 傷が痛くなくなる魔法 なんて全く効かないほど いつの間にか僕の心は 酷く酷く荒んでいた 「もういいよ」 気づかぬうちに願い事は 人並みに語るようになっていた 静かな夜に想うことは 「どうか僕を探しに来てよ」 さよなら 逆さまだった感情よ 「僕」を描けない世界にもう用はない 僕が思うよりずっと僕の声は 誰かを 救っているのかなあ 大人になってしまったのに ひとりぼっちの僕がいた それでもいつか思えたら 「こんな今日が愛しいんだ」と

アーティスト情報

オルタナティブロックバンド。 儚さと激情を描きます。 Vo.&Ba. こーだい @kodaihosei Gt. はると @yasuyasssssss Dr. ひびき @drumsotias3110

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or