夜と月とそれから星

幾田 りら
14,361
198
7

歌詞

作詞:幾田りら

作曲:幾田りら

『夜と月とそれから星』 君と僕は太陽と月みたいに 一人でも生きていけるような顔で 空に浮かぶけど 本当は夜と月のように 君の中でしか光れないほど 僕には本当は何もないのさ たとえ二人寄り添える時間が 少なくたって その分だけ 大事に光れるから 誰かの真似じゃなく そのままの二人でいたい 君の広い腕の中で 初めて泣けたから 君が朝焼けを忘れてしまったなら 僕と共に 見えない星の渦に染まろう 強がりと優しさが混ざり合って溶け出す頃 雲がかかって よく君が見えなくなった いつかね その時に そんな言葉が増えていって でも君は 僕との未来を願っていたんだね 鮮やかに彩る夜の海で すっかり僕は 息継ぎさえ 忘れて泳いでいた 君が 本当の君を初めて知れた時 一番星が落ちてきたって 悲しそうに笑ったから 僕は雲を越え 君の夜を照らすためならば 今度はおとなしく 君の星になる 僕もそう思ったよ 言えるはずもないけど もう知ってるよ 君の優しさは 作ったもんじゃない ずっとそうしてきたこと 消えない思い出は もう沢山散らばっている 古くなっても見えるように 変わらずここで光るから 君が朝焼けを忘れてしまったなら 僕と共に 見えない星の渦に染まろう

アーティスト情報

いくたりら 19歳、ギター弾き語りシンガーソングライター。 2015年Sony music主催「SINGIN'JAPAN」ファイナリスト

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or