アリカ

HIGH BONE MUSCLE
122
5
1

楽曲解説

4th single 『アリカ / 同じ月の下』

歌詞

作詞:鈴木啓

作曲:鈴木啓

自分の在り処を示すため 突き刺した誓いを刻む旗 歩き出した僕を見送るようにはためいた 照りつける日差しの彼方に揺らめいた未来の数々 宝物みたいに輝いてみえた 転がる痛みと願いが積もり作り出す道の上 何度も躓き転びながら この旅路をどこまでも歩いていくよ あの日きみと交わした約束が今もまだ この胸の奥でずっと僕を突き動かしている 例え旅路の果てにきみを見つけられなくても きっと思い出すよ 揺れる旗の音とその在処 訪れる闇夜が降ろした空のカーテンを彩った 星たちが幾つも流れ落ちていった その度に祈りを捧げる悲しい目をした人たちは 抜け殻のような笑顔で僕を見た 「この先には何もないわ あるのは冷たい孤独だけ」 「失われた幾つもの想いが輝いて夢を見せるの」 あの日きみと描いた物語の続きを 僕はまだ大真面目に探しながら生きているよ 例えそのエンディングが望んだ未来と違っていても きっとそれこそが誇りだと胸を張れるだろう いつの間にかそこには人の影がなくなり その代わり墓標のような旗がいくつも立っていた 恐らく同じようにして刺された誓いたちは 道を示すように強くはためいた 聖者たちの祈りと 勇者たちの祝詞が そこここで木霊する ほら今 夜が明けるよ あの日きみと交わした約束を叶えよう その願いも痛みさえも僕を強く歩かせる 物語の終わりに二人が別の場所にいても どうかその旗を突き刺しておくれ 僕にもそれが分かるように きみのアリカ

アーティスト情報

2011年3月、幼馴染み+兄弟が集まり結成。 最小限にて最大限。 1番近くで鳴る音。響く言葉。 魂の叫び。日常に揺れる心の機微。 生死。自分とは。あなたとは。 幾つものアプローチで鳴らす命の唄。 3人。 涙が止まるまでそばで。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or