Drops

CAT ATE HOTDOGS
1,877
56
1

歌詞

作詞:宮本秀彦

作曲:CAT ATE HOTDOGS

甘い季節の風が吹いて 狂いだした時計の針を 撫でていくような 息づかいで口ずさんだ もう、さよなら 春は渇いて 当たり障りのない気温が 遠い君を匂わせる 儚く散った言葉の隣で 花びらが頬をかすめた 始まりは思いも寄らない出会い 気まずささえも五線譜に変わる 斑に咲いた不安に気づいて ふと景色が色濃く映った 淡い思い出の水溜まりに 飛びこんであがる飛沫 光を浴びたその雫に 触れてしまったなら止まらない 弾けた刹那 青い衝動 取り乱していく運命の その脊髄を なぞるように 囁いた もう、さよなら 哀れな間違いで 滴る春の蜜が 泥のようになったって 二人で分け合えるなら 過ぎる4月の風に乗って 舞い落ちていく理由を 確かめたくて その雫に 触れてしまったなら止まらない 甘い季節の 風が吹いて 狂いだした時計の針を 撫でてくような 息づかいで口ずさんだ さよなら

アーティスト情報

関西を中心に活動中の4ピースロックバンド。Gt/Vo.ひこ@hidehicom219 Gt.おざき@hagishiri_oza Ba.ハナッペ@hanappe4 Dr.みや@38Yummy ご連絡はDMまたは catatehotdogs@gmail.com まで

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or