otogi (慶應大学OBOGダンスサークルZENON 2020年公演主題歌)

naco
1
0

歌詞

作詞:慶應大学OBOGダンスサークルZENON

作曲:慶應大学OBOGダンスサークルZENON

いつの間にか忘れていた おとぎ話のような眩しい日々を ありのまま、駆け抜けた、風の日も 一歩、一歩 朝、8 時の電車 車窓に映るのは 仮面かぶった自分 愛想笑いに慣れて できないを認めて 無難が癖づいてた きっとみんな同じだと 根拠のない理想論 盾に デジャブのような毎日を 繰り返すだけ いつの間にか忘れていた おとぎ話のような眩しい日々を ありのまま、駆け抜けた、風の日も 一歩、一歩 疲れすら忘れて 意味もなく起きている 明日が怖くて どうせって言葉を まるで呪文のように 唱えるだけの夜 物語の主人公 なりたいと願った頃に 埃をかぶせたままで 「つづき」はどこだろう? いつの間にか忘れていた おとぎ話のような眩しい日々を 大丈夫、きっとまた、描けるから 鍵はいつも、そこにある ガラスの靴や魔法の絨毯 そんな物語よりも輝く 奇跡が待っているはずだから、 扉開けて 歩いてきた「今日」に感謝を 待っている「明日」に希望の旗を それだけで、光差し、世界輝くよ ただ一つのおとぎ話 最後のステージが終わると みんなそれぞれの扉を行くけど 共に笑い、共に泣き、 創り上げた 日々は、ずっと

アーティスト情報

神奈川県藤沢出身、鍵盤弾き語りシンガーソングライター。 1st album「晴れたら、きっと大丈夫」、2nd album「オンリーワンになれなくても」好評発売中! アルバム収録の全楽曲がiTunes、Apple Music、Spotify、LINE MUSICほか各ストアにてダウンロード・ストリーミングで配信中。 2020年3月、音楽と映像のプロジェクト「Citrus in the rain」のボーカルとして、鈴木Daichi秀行氏が手掛けるレーベルStudio Cubic Recordsよりインディーズデビュー。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or