なかにしりく
EggsID:nakanishiriku
21
478

なかにしりく ギター1本でどこへでも行く ボヘミアン型シンガーソングライター。 まるで映画のように目の前の風景を 一変させてしまう音楽世界。 ほろ苦く甘いビタースウィートな楽曲を、 耳馴染みの良いハスキーな声と 繊細なファルセットを織り交ぜて歌い上げる。 2010年~2013年まで〈なかにしりくトリオ。〉のボーカルとして活動。 「cafe au lait」「bohemian times」と2枚のアルバムをリリースし、 『RISING SUN ROCK FESTIVAL』『oto to tabi』などのフェスに出演する。 近年は楽曲提供、映画出演など 音楽に関わるコンテンツでも活躍の場を広げている。 好きな豆はひよこ豆。 【HISTORY】 2014年 ・中山うり、ブレッド&バターのオープニングアクトを務める。 ・ホーンセクションを含めた総勢6名の〈なかにしりくファミリー〉を結成。 2015年 ・『oto to tabi』に〈なかにしりくファミリー〉で出演。 ・短編映画『シャッター×シャッター』の主題歌・劇中歌を担当。 2016年 ・1st Album「yellow knife」リリース。 ・STVラジオ4月の推薦曲に「ただもし」が選ばれる。 ・CS旅チャンネル『まるごと!北海道 札幌編』に「シャラララ」が旅のイメージソングとして起用される。 ・MV『きづき』と連動した短編映画『きづき』の音楽を担当。なかにしりく役として主演も務める。 ・札幌国際映画祭に短編映画『きづき』がノミネートされる。 2017年 ・2nd Album「にこん」リリース。 ・『RISING SUN ROCK FESTIVAL』にソロ名義での出演を果たす。 ・弦楽四重奏とのワンマンライブを自主企画。 2018年 ・短編映画『キャッチボール』の劇伴を担当。 ・NHK『ほっとニュース北海道』の新年度エンディングテーマを担当。 ・台湾のデュオ・好樂團との2マンにて初の台湾公演を行う。 ・山木 康世(ex ふきのとう)トリビュートアルバムに「白い冬」で参加。 ・NHK『ほっとニュース北海道』スタジオ生ライブ

more

楽曲リスト

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or